きれいなスクワットのための股関節のストレッチ

スクワットをするためには胸椎、股関節、足首の3ヶ所の可動域を高めておく必要があります。今回はその中の股関節のストレッチを2つ紹介していきます。

股関節とは骨盤と大腿骨のつながっている部分を指します。英語ではHipJoint(ヒップジョイント)といいます。お尻の関節ですね。英語のほうがイメージしやすいと思います。

スクワットのフォームはこちらから

その①スクワットのボトムポジションで両足首をつかみます。そのまま腰椎をニュートラルに保ったままお尻を持ち上げていきます。

スタートポジション

フィニッシュポジション

正面

エラー:骨盤後傾(ニュートラルを保てていない)

その② スクワットのボトムポジションで手のひらを押し当て、肘で膝を押し開いていきます。この時に膝を閉じる方向に力を入れていきます。そのまま左右に体重移動をしていきます。

スクワットの前にこのストレッチをするとスムーズにしゃがめるようになります。またボトムポジションの確認にもなるのでおすすめです。

トレーニングについてのご質問はオンラインコーチングまで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。