ストレングス&コンディショニングってなに!?

すごくわかりにくい言葉ですよね。まず私の保持している資格 NSCAの正式名称がNational Strength&Conditioning Associationです。そこではこう説明されています。

https://www.nsca-japan.or.jp/01_intro/sandc.html

リンク先に飛んでいただくとわかると思いますが…読む気が起きないですねー。そして読んでもよくわからないですねー。

簡単に説明していきます。

結論から言うとストレングスinコンディショニングなんですね。コンディショニングの中にストレングスも含まれています。一番強調したいものをあえて言葉として外に出してあげてるんですね。そしてストレングスの割合が大きいんです。イメージ図↓

つぎにストレングスとコンディショニングの意味についてそれぞれ説明していきます。

まずはコンディショニング。調整みたいなニュアンスに思われると思いますがこの場合は違います。

スポーツにおけるコンディショニングとは運動によって向上させる事ができる体力全ての事を言います。筋力、柔軟性から上手に身体をコントロールする能力まで。

そしてストレングス。そのままの意味で筋力です。

NSCAでは数ある体力要素のなかで「筋力」が最も大事な要素だと位置付けているんです。だからあえてストレングス&コンディショニングという言葉を作りました。筋力の向上をゴールにそのために必要な柔軟性であったり他の能力をトレーニングしていくという考えです。

え!?筋トレのために柔軟やるの!?って思う方もいると思います。ストレングス&コンディショニング 略してS&Cの最も良いところはそこなんです。

ここ大事です。

要するにS&Cの理論に基づいてトレーニングをするといわゆる「動けるしなやかな筋肉」が手に入るんですね。もしもあなたがバキバキ筋肉ゴリラになりたいわけじゃなく、筋トレしたいなーと思っていたとします。健康のためだったり程よい筋肉質なカラダを目指したいなーと思っているのであればS&Cをベースにした資格を保持しているトレーナーを探すとよいと思います。

信頼できる資格一覧はこちら

ちなみに私はS&Cとバキバキ筋肉ゴリラメソッドのハイブリッド理論なのでどちらにも対応可能です。トレーニングに関する質問はオンラインコーチングまでお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。